金銭教育の大切さ

銭教育の大切さ

以前、日本では子供がお金のことに口を挟む事は、タブーとされていました。

でも今は、小さいときから金銭感覚を養った方が良いとされ、
金銭教育を小さなうちからした方がいいと、政府や、企業、学校などでも力を入れ始めています。

海外では早くから、子供に対しての金銭教育の重要性が認識され、
先進国アメリカでは、年齢にあわせてカリキュラムが用意されているようです。

日本では平成17年に金融中央委員会が金銭教育元年と位置づけ、金銭教育の機運が一気に高まりました。
金銭教育とは、単にお金儲けの仕方を教えるのではなく、日常の様々シーンに登場するお金について学ぶことです。
大きく分けると次の4つを目的にして、お金に対してタブー視をすることなく、社会を生き抜くしっかり働く大人をつくることを考えています。

1 家計で入ってくるお金の管理と運用、将来に対しての貯蓄管理。
2 金銭トラブルに対しての回避とその対処方法
3 お金をとおして社会の仕組みや経済の状況をわかるようになる
4 働く事でお金を稼ぐという喜びをしること

 

こどもにとっては、お金について知りたいという欲求は当たり前のことで
変に隠したりすることなく、おとなたちが教えていく物になってきています。

家庭でも、年齢に応じてしっかりと教えてあげることが重要になってきます。
将来何になるにしても、そのときそのときの金銭教育は必要になっていきます。

たとえば幼稚園では、お金は使えば無くなるということ
小学校では、ほしいものと必要なものの違い
中学校では、借りることなどです。借りたら返すこと、ローンのメリットデメリットなどです。

家庭で金銭教育することで親子の会話も増え、絆も再確認することもできるのが、単なる座学の勉強とは大きく違うところでしょう。

参考サイト:【無職でもお金借りれる?】※内緒で即日融資する方法教えます!