金銭教育の大切さ

お金ってこんなもの

普段何気なく使っているお金ですが、お金のことを深く考えた事はあまりないでしょう。
ここでは、そんなお金のことを書いていこうと思います。

昔々は物々交換をしていました。
今でもそんな感じのことをしている地方もあるようです。

物々交換は、基本的には物と物を交換していきますが、ある意味非常に不便なものです。 野菜がほしいのに、野菜が手に入らなかったり、交換レートも人によりまちまちになり、交渉にも時間もかかります。

そんな不便な状態を解消するために、考えられたのがお金です。

日本の場合、不換紙幣といって何の裏付けもなく、政府がお金の価値を保証して、お金を使う人がそれを信用して使っていく物になりました。
その信用がなくなれば、ただの紙切れや金属になってしまいます。

保証と信用の両輪で、お金はお金の価値を発揮していきます。

お金を物差しにして、全ての物の価値をお金の価値に換算して、数字をつけ、 誰でも簡単にわかりやすく、物やサービスを得やすくしたのが、現在の形です。

お金を集めるには、自分自身が他人に対してどれくらいのサービスをしたのか、またはできるのかということで変わっていきます。
それには、信用がかかわっていきます。信用度の高い人には、お金が集まりやすくなっていきます。

資本主義では、単に物やサービスの交換だけに目が行きがちですが、 実はその裏には、その人や物に対しての価値や信用を交換しています。

お金の価値は、信用がベースに成り立っています。 それを忘れてしまっては、お金は単に物を買う道具の一つになってしまいます。

お金は、一つの道具ですが、信用といった目に映らないものも含んでいます。 ご家庭で子供にお金のことを教えるなら、お金を持っている人が金持ち無いのが貧乏というだけなく、信用ということをまず教えていきましょう。 お金のことを考えと、そこが大人になったときに一番大事になることでしょう