金銭教育の大切さ

お小遣いでやりくりすることを覚える

お金を貯めることは、将来のため、非常事態に備えることにおいて非常に大事なことです。

誰でもお金をきちんとお金を管理したいと思いますが、 出来る人と出来ない人がいるのが現状です。

できる人と出来ない人は、何が違うのかというと、 その人のお金に対しての勉強の違いがあるといえます。

ここでの勉強は、学校で勉強することではなく、日々の生活で学んでいくものです。

小さいときから、お小遣いでやりくりして入れば、 大きくなったときでも、金額は変わりますが、できるようになっていきます。

言い換えると、小さな額でもきちんと結果、たとえば貯金ができるようになれば、お金の管理ができたということです。

管理失敗は、お金が不足してしまうということです。
不足した場合は、何が悪かったのかをよく考えて、次は失敗しないようにすることが大事になります。
お小遣い帳をつけるとか、ほしい物が本当にほしいのかどうか考える癖をつけることが、肝心になります。

この学びを繰り返すと、いつかできるようになっていきます。

その額を年齢とともに少しずつ大きくしていくだけで、いつでもどんな額でもしっかり管理ができるようになっていきます。

そこの学びをしないまま、働きだし自分で稼ぐようなったときに、いきなり大きな額を管理しようとしてもできません。
逆に気が大きくなってしまい、無駄使いが増えるだけです。

 

この学びはいつでもできるものなので、
大人でも子供でも、まずしっかりとお小遣い程度の小さな額から、やりくりしていくということを覚えていきましょう。