金銭教育の大切さ

お年玉はどう使うか親子で話し合いの機会を

毎年の正月の恒例行事のお年玉、ニュースでもお子さんがいくらもらったのか流れます。
万円単位で、喜々として発表しているお子さんもいるくらいで、給料で生活している親世代にとっては、本当にびっくりする額になっています。

あるデータによると小学生で1万円から5万円くらいとなっています

そんな額だからこそ、親との会話が大事になってきます。
親が全部管理して貯金しておくのは、一番簡単な方法ですが、
そんなことをしても、いつかは必ずお子さんが管理したいといいだします。

いわれる前に、お年玉をきっかけに親子でしっかり話し合うチャンスと考えて、
いくら貯金するか、いくら自由に使えるかを決めておきましょう。

また貯金するなら、通帳も子供の名義にして親子で銀行にいき、
銀行の用紙の書き方や受付の人との会話も学ばせていきましょう。

通帳にも誰からのお年玉と書き込めば、後々見てもわかるようになります。

残ったお金は、自由に使えるようにしてあげましょう。
自由に使うといっても、使えばなくなるのがお金です。
もしなくなってしまってもその子の責任になります。
そこで何を考えるのかで将来のためになります。
いろいろな経験のなかで、がまんするということや節約するということが学べるはずです。

お金は貯めると使うという二面性があり、貯めるだけでもなく、使うだけでもよくありません。
その二面性を、お年玉をきっかけにして、よく教えていくというのが親の役目となります。